ぶっちゃけますと…

実は自分が妊娠するまで、妊婦さんってあんまり好きじゃなかった。
お腹大きいのが美しいと思えなかったし、
妊娠したらなんかおばちゃんぽくなってしまうから嫌と思ってた。歩き方も、顔も。

ひょっとしたら若い人とか男の人で、あまり妊娠というものが身近でない人なんかは
同じように思ってる人って結構いるかもしれない。
そういう人は電車とかで妊婦さん見ても何も思わんし、下手したら嫌悪感すら抱くかも。

でもそれはそれで仕方ないよね。
その大きなお腹の中に命が宿ってるっていうのは、
頭ではわかっててもなかなか実感しにくいことやし。

実際その時、お腹の中ではどんなことが起こってて、お母さんはどういう状態なのか。
お腹が目立たないうちはつわりで大変とか、
ちょっとしたことが流産に繋がるかもっていう不安だらけなこととか、
お腹が大きくなってきたら重いだけじゃなくて
関節が痛かったり、動悸がしたり、お腹が張って痛かったりする…
そんなこと、そんな人達には想像もつかんからね。


自分もそんな人のうちの一人だったわけですが、
しかしなぜか、「妊娠というものを経験してみたい」と思ったのです。


元々子供もそんなに好きじゃないし、
生まれたての赤ちゃんはみんなガッツ石松にしか見えへんし、
正直自分の子が愛せるかという不安はあった。

でも、お腹の中で子供が育っていくうちに、
自分の母性も育っていくんじゃないかという期待があって、
それを体験してみたいと思った。


そして実際妊娠したら、想像以上の変化。

神秘的なことがお腹の中でたくさん起こってることを知って、
段々お腹の子が愛おしくなってきて、
赤ちゃんや小さな子供がみんなめっちゃ可愛く見えてきて、
妊婦さんの見方も確実に変わりました!

胎児に最初しっぽが付いてるのは教科書とかで見たことあるかもですが、
実はお腹の中では太古の昔に生物が海から陸に上がってきて
魚類→両生類→哺乳類と進化していった過程を、胎児が追体験してるんですってよ!
これすごくない!?まさに神秘!
つわり期は、海から陸に上がる時にエラ呼吸から肺呼吸に変わる苦しみの時期なんやって。
そらしんどいわ。

そんなドラマが起こってるなんて、妊娠に興味のない人は知るはずもなく。
これを知れただけでも妊娠した甲斐があるってもんですよ。


エコーも進化してて、4Dエコーなんか動いてる上にちゃんと顔もわかっちゃうからね!
リアルタイムにお腹の中を覗いてる感じ。
ちょっと「お休みのところ覗いてしまってすんません」って罪悪感すら覚える(笑)
すごい時代ですな。


さらに私は出産というものも経験してみたいと思って、
「一生で一番痛いってどんなん!?」という好奇心もあったのですが、
これに関しては今の所帝王切開になる可能性が高いので、ちょっと思てたんとは違うかも(笑)

でもまぁ、経膣分娩でも帝王切開でもどっちでもいいですよ。
どうせどっちも痛いし(笑)
赤ちゃん本人がきっとベストな方を決めてくれる。

そう信じてあと1ヶ月ちょい、その時を楽しみに待ちます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

仲野友恵

Author:仲野友恵
映像が浮かぶような世界観のある楽曲や、ストーリー性のある楽曲など、聴く人の脳を刺激する音楽を奏でるインストゥルメンタルピアニスト。
http://tonton.main.jp/

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2840位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
164位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード